フレッシュルックデイリーズイルミネート

洋服を買うよりずっと安くお洒落ができるのがリングタイプのカラコン

私がコンタクトレンズを初めて使ったのは、もう38年も前です。 高校1年生の時メガネからソフトコンタクトレンズに変えたあの日の感動を今もはっきり思い出すことができます。 近視の強い私は、メガネコンプレックスから解放され、性格さえ明るくなった気がします。

それ以来、ソフトコンタクトレンズのほか、O2レンズやふつうのハードレンズなどを経て、結婚後はまたメガネで過ごすことが多くなりました。 初期のころのソフトレンズ(毎日小さい電気鍋みたいなので煮沸消毒しなくてはいけなかった)ほどの手入れのめんどくささほどではないけど、装着ごとに洗浄したり保存したりの手間や、うっかり無くした時買い替えるときの経済的負担は、子育て主婦にはけっこうなストレスだったのです。

いったん使わなくなったまま何年も放置したハードコンタクトレンズはもう怖くて使えないし、メガネなしのすっきりした外見にしたくてもなかなかできませんでした。

2年前、私に転機が訪れました。数十年ぶりの高校の同窓会に出席することにして、洋服や靴を新調していたとき、そうだコンタクトレンズにしようと思い立ちました。女性は同窓会ではいかに若く美しく見えるかにすごいおカネと手間をかけますからね。

ふつうのコンタクトレンズもずいぶん値段が下がっていましたが、私は迷いなく『使い捨てコンタクトレンズ』にすることにしました。 理由は、とりあえずその同窓会1日だけ、メガネなしで美しくなりたいのと、保存したり洗浄したりの手間をかけたくないこと。 あと衛生面からも使い捨てがいいと思いました。

さっそくショッピングセンターにはいっているコンタクトレンズショップに行き使い捨てレンズを希望。 そこですすめられた1日使い捨てで、しかも瞳が大きく見えるという『フレッシュルックデイリーズイルミネート』を選びました。

同じ建物内にある眼科で検査をしてもらい、そこで実際にレンズを装着してみました。 レンズは以前使っていたソフトレンズよりも薄くて、ふにゃふにゃした感じでしたが、装着してみるとまったく違和感がなくよく見えました。 瞳が大きく見えるといってもあまり期待していませんでしたが、びっくりするくらい大きく見えました。

色がブラックとブラウンがあり、左右でちがうのを試しに装着してもらい、どちらもよかったので迷いましたが、より瞳の大きさが強調されるような気がしてブラックを選びました。 その時から、ずっと1日使い捨てコンタクトレンズを使い続けています。 ブラウン系も試してみましたがやさしい印象でこちらも気に入っています。

私は、自宅ではメガネなので、出かける時だけさっとつけられて帰宅したらはずしてポイと捨てられるこのタイプが最適です。 最近はネットでも購入していますが、お値段も手ごろで、装着感が自然で気に入っています。